特定健診/特定保健指導

  1. ホーム
  2. 特定健診/特定保健指導
  3. 特定健診

特定健診/特定保健指導

高血圧症・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく肥満、特に内臓のまわりに脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることがわかってきました。これを受け、平成20年4月よりメタボリックシンドロームやその予備群の方を対象に改善と予防に向けた支援を行う保健指導に重点をおく健診【特定健診】がはじまりました。

特定健診とは

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、医療保険に加入している被保険者(本人)・被扶養者(家族)の40歳から74歳までの方を対象に行う、メタボリックシンドロームに着目した健診です。

特定保健指導とは

特定健診の結果から、高血圧症・脂質異常症・糖尿病などの発症リスクが高く、生活習慣の改善により発症の予防効果が多く期待できる方を3つのグループ 「情報提供レベル」 「動機付け支援レベル」 「積極的支援レベル」 階層化して、医師・保健師などの専門家がプログラムに沿って生活習慣の改善をサポートをいたします。

特定健診・特定保健指導のご案内がお手元にとどきましたら、 03-3229-6582までご連絡下さい。

受診される際は、受診券、保険証が必要になります。