検査項目から

HOME » 検査項目から » 動脈硬化の予防のために » 血圧脈波検査

動脈硬化の予防のために

血圧脈波検査

血圧脈波検査 / 2,000円

両手、両足首の4箇所の血圧を同時に測定して、動脈の硬さ(CAVI)と動脈の詰り(ABI)を調べます。検査時間はわずか5分くらいです。ほとんど痛みはありません。

CAVI(心臓から足首までの動脈の硬さ)

CAVI は、生活習慣病などを起因とする軽症の動脈硬化症から、虚血性心疾患や脳血管障害などの重症の動脈硬化症まで、動脈硬化の程度を定量的に見ることができる指標です。CAVIは年齢と良く相関することから、老化を反映する指標として有用です。

ABI (下肢動脈の狭窄、閉塞)

ABIは、下肢動脈の狭窄・閉塞を評価する指標です。 足首と上腕の血圧の比を測定することで血管の狭窄の程度が分かります。通常、足首血圧は上腕血圧より高いのが普通ですが、足の動脈が脂質等で詰まったりすると、血流が悪くなり上腕の血圧より低くなり、ABIの値が低くなります。