検査項目から

HOME » 検査項目から » 動脈硬化の予防のために » 頚動脈超音波検査

動脈硬化の予防のために

頚動脈超音波検査

頚動脈超音波検査 / 4,000円(税込)

総頚動脈の血管径は通常5~9㎜ですが、動脈硬化があると、血管がつまったり、狭小化したりします。また、プラーク(1㎜を超える限局性の壁隆起)があった場合、プラークの破綻が脳梗塞などを引き起こす可能性があります。頚動脈超音波検査は、脳に血液を送る頚動脈に超音波をあてて、プラークの有無と血管の壁の厚さ、詰まり具合を測ります。心筋梗塞や脳卒中の危険度を知る上で重要な検査です。